いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
花ざかりの理樹たちへ その47 ~学校・午後編~ (リトルバスターズ)
作者:m (http://milk0824.sakura.ne.jp/doukana)

紹介メッセージ:
 恭介の思いつきで始まった王様ゲームにより、理樹は……。各編はほぼ独立していますので、途中からでもお楽しみ頂けます。

閲覧数:2,298
いいね:0
お気に入り:0

前回花ざかりの理樹たちへリスト次回



――僕たちの今の様子を傍から見たら…一体どのように見えるのだろう?



誰もいない空き教室。

向かい合い、寄り添う二人。

僕のブレザーのボタンを外し、脱がせようとしている佳奈多さん。

僕は頬を染め、佳奈多さんのなすがままに身を任せている……。



…………。

どう考えても、逢引きの現場だった!

「お、お姉ちゃん…まさか女の子と…そんな…」

案の定、葉留佳さんは勘違いしていた!

動揺しているのか…一緒にいるのが僕だと気付いていない様子。

な、なんとか誤解を解かなきゃ!

「は、葉留佳…あなたは大きな勘違いしているわ」

先に口を開いたのは佳奈多さんだった。

だが、佳奈多さんも言葉の端に動揺が見える。

「勘違いって、なにが勘違いなのっ!」

「私見てたんだから!」

「お姉ちゃんがその子の服を脱がせようとしたところっ!」

僕をビッと指差す葉留佳さん。

「違うんだっ!」

僕もなんとか誤解を解こうと口を開く。

「あれはただ…ただ制服のボタンが外れなかったから佳奈多さんが脱がせてくれただけで――」

「なんで? なんでこんなところで制服を脱ぐ必要があんの?」

「脱ぐ理由なんてないじゃん!」

葉留佳さんの目は、明らかに敵意むき出しだ!

「いやっ、それは佳奈多さんが見たいって言うからっ」

「ちょっ、ちょっと!?」

佳奈多さんが焦っている。

――し、しまった!!

言葉が足りなかった!!

え、えっと、フォ、フォローしなきゃっ!

「あ、そのっ、だからっ、佳奈多さんが見たいって言ったのには理由があって、さっき僕が佳奈多さんに抱きついて、えっと、傷がついてないかって心配してくれて――」

自分で言っててグダグダだった!!

「ちょっと!!」

「――むぐっむぐぐっ」

口を押さえられた!

「抱きついたって……それ、何……?」

「葉留佳、よく聞いて」

「これはただ――」

「やだっ!! ききたくないっ、ききたくないっ、ききたくないーっ!!」

葉留佳さんは全く聞く耳を持ってくれないっ!

「そういう世界があることは知ってたけど…まさかお姉ちゃんが……お姉ちゃんが……」

「ちょっ、ちょっと葉留佳、いいから聞きなさい!」

懸命になだめようとしている佳奈多さんだが、その声は葉留佳さんに届いていない。

葉留佳さんがこちらを睨みつける。

「お姉ちゃんの……お姉ちゃんの……っ」

「不純同性交友ーーーっ!! スクープ大将ーーーっ!! エロティかなたぁぁぁーーーっ!!!」



――ズダダダダダダダダダーーーッ!!



「あ、ちょっと葉留佳さんっ!?」

葉留佳さんはレズレズ叫びながら廊下へ飛び出していってしまった!!

「葉留佳っ!! ま、待って!!」

佳奈多さんも急いで追いかけようと駆け出した。

「佳奈多さん、そこは――!」

駆け出した足が、ビー玉の上に乗っかる。

「っきゃぁっ!?」



――ズルッ、すてーーーんっ!!



「いたたたた……」

「佳奈多さん大丈夫!?」

「い、いいから、はやくあの子を止めて!」

今も遠くから、葉留佳さんのレズレズという声が聞えてきている。

「わかったよ!」

僕はビー玉を飛び越え、急いで声がするほうへ向かった。





「葉留佳さーーーんっ、待ってよーーーっ」

葉留佳さんの足は、いつも逃げなれているせいか…かなり速い。

…もちろんその間もレズレズ叫びながら走っている。

「葉留佳さん、あれには理由があるんだってばっ!」

――さっきから、まわりの視線が痛い。

好奇の視線というか何と言うのか…。

…………って、まさか!!



「あ、あの子になら私……きゃんっ!」

「彼女と目があった瞬間…男性とか女性とか、そんなちっぽけなことを気にしていた自分が恥かしくなりましたわ…」

「アタシ、たった今…目覚めた!!」

「うぉおぉおぉおぉーーーっ、男に生まれてごめんなさいでしたぁぁぁーーーっ!!」

「可愛らしい顔の裏に秘められた小悪魔、そのキバは少女にのみ向けられ……わたしを襲ってェーーーっ」



「ちっ、違うよぉーーーっ!!」

間違いなく僕が勘違いされている!!

は、はやく葉留佳さんを止めないと……僕が大変なことになるっ!!

「葉留佳さーーーんっ、お願いだから止まってーーーっ」



――すでに校舎を飛び出し、体育館裏に差し掛かっている。

ようやく、ようやく葉留佳さんのすぐ後ろまで追いついた。

「葉留佳さんっ!」



――ぎゅっ!



葉留佳さんの腕を取る。

「うわぁぁぁーーーっ、お姉ちゃんだけじゃ飽き足らず私までもーーーっ!?」

「葉留佳さん、僕だよっ」

「このキチクっ! セッソーナシっ!! ハレンチ学園っ!!」

じたばたと暴れる葉留佳さん。

「僕だよ、直枝理樹だよっ」

「理樹ちゃんのバイ……え、理樹ちゃん……?」

暴れるのをやめ、僕の顔を見つめる。

「…………」

「…………」

「えぃっ」

葉留佳さんにほっぺを引っ張られた!

「ひゃああああぅっ!」

「ふむ~」

「い、痛いよ葉留佳さん…」

涙目でほっぺをさする。

「…………………………ありゃ?」

「ホント、理樹ちゃんだ」

「はぁ…」

ため息がこぼれる。

「もう、もっと早く気付いてよ」

「なーんだ、理樹ちゃんか……」

葉留佳さんは力を抜き、落ち着いたようだ。

「理樹ちゃん…………?」

「って、なにいーーーーーーーっ!?」

また僕の顔を見つめて目を丸くする。

「うわわっ、今度はどうしたのさ!?」

「ま、まさか理樹ちゃんとお姉ちゃんが…お姉ちゃんが……そんなカンケーだったなんて!?」

「り、理樹ちゃんのレズっ! このフェロモン娘ーーーっ!!」

「って、そもそも僕は女の子じゃないし、佳奈多さんとのことは誤解だからっ!!」

「ゴカイ…?」



――かくかく――しかじか――

僕は順を追って、わかりやすく説明した。





「――もー、それならそうと早く言ってくださいヨ」

「いやいや…聞いてくれなかったのは葉留佳さんだからね」

「てっきりお姉ちゃんがそっちに目覚めたかと……あははは」

まあ…あの状態だと、勘違いされても仕方ないか。

「けど、よかった」

葉留佳さんがうれしそうな顔をする。

「何が?」

「さっきはさ、お姉ちゃんに好きな人がいたらどうしよー、って思ったんだ」

「だって、お姉ちゃんに好きな人がいたら……」

「私だけのお姉ちゃんじゃなくなっちゃうじゃん」

あははは、と笑う葉留佳さん。

……葉留佳さんはよっぽど佳奈多さんが好きみたいだ。

葉留佳さんが『お姉ちゃん』と口にするときは本当にうれしそうな顔をする。

――二人が仲良くなってからというもの、葉留佳さんは今までを取り戻すかのように佳奈多さんに甘えている。

その様子は、見ていてとても微笑ましい光景だ。



――じゃりっ



そんな事を考えていると、後ろで土を踏みしめる音がしたので振り返った。

「はぁ……はぁ……はぁ……」

「あ、お姉……ちゃん」

「あなたねぇ……」

そこには、今にも噴火寸前の佳奈多さんの姿が…。

「あははは…いやー、はるちん早とちり」

「てへっ♪」

と、自分の頭を軽く小突く葉留佳さん。

「早とちり……!?」

「早とちりであんなことを校内中で騒ぎ立てて…一体どうしてくれるのかしらっ!?」

う、うわっ!!

佳奈多さんの目が赤く光っている気さえするっ!!

「わ、私は別にお姉ちゃんがレズでも構いませんヨ?」

「あははは、お姉ちゃんのレズレズ~」

「なんなら私が付き合ってあげますヨ」

佳奈多さんからピキッと音が聞えた…!

「ふぅん……」

笑顔を浮かべる佳奈多さんだが…その笑顔はあまりにコワイ!

「あなたのその口が――どこまで広がるか、試してみましょうか?」

「ひ……」

葉留佳さんが一歩後ずさる。

「それとも……」

「あなたのその耳たぶがどこまで伸びるか、試してみましょうか?」

佳奈多さんがジリッと葉留佳さんに、にじり寄る。

「ひゃあぁあぁあぁ……」

「――まずは、あなたが教室にバラ巻いたビー玉を片付けて――」

「あーーーっ!! 素っ裸の真人くんが無表情で飛び跳ねてるっ!?」

突然、葉留佳さんが佳奈多さんの後ろを指差す。

「なっ、なんですって!?」

佳奈多さんは指を差された方向を振り返る。

真人、また奇行に走っちゃったの……!?

僕も焦ってそちらを振り返った!

「フッフッフ……」

「はるちんダーーーッシュ!!」



――ズダダダダダダダダダー――……



しまった!

葉留佳さんのウソだっ!!

真人ならやりそうで、ついつい騙されてしまったっ!!

「あ、ちょっと葉留佳ーっ!?」

追いかけようとするが……。

……すでに、遠くへ走り去っていた。

「まったく…あの子ってば…もう」

深いため息をつくが、その顔は怒ってはいなかった。

「仕方ないわね…ビー玉は私が片付けるしかないようね」

佳奈多さんは踵を返す。

「うん、一緒に片付けよう」

「……」

立ち止まる佳奈多さん。

「……わざわざ手伝う必要はないわ、そもそもの責任は私の行動にあるのだし」

「え、けど……」

「――今日はご苦労様、もう戻っていいわよ」





――戻ろうとする佳奈多さんを見て…ふと、違和感を感じた。

何か足りないような…?

「どうしたの?」

「――佳奈多さん、いつも着けてるピンクの髪飾りはどうしたの?」

違和感を感じると思ったら、いつものアクセサリーが髪になかった。

「えっ!?」

佳奈多さんが慌てた素振りで、ピンクのボンボンを着けていた場所に手を持って行くが…虚しく空を切った。

「さ、さっき髪を直したときには確かにあったのに……」

「ど、どこにいっちゃったのかしら?」

落ち着きのない様子で周りをキョロキョロと見回している。

「もしかして、さっき転んだ弾みで外れたんじゃないかな?」

「……そ、そうかもね」

そわそわとする佳奈多さん。



――佳奈多さんは明らかに慌てている様子だった。

もしかして…何か大事な髪飾り…だったのかな?


前回花ざかりの理樹たちへリスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)