いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
ミディの放浪日記~最終回 日記 -7月22日- (オリジナル)
作者:義歯

紹介メッセージ:
 小さな女の子が紡ぐ小さなファンタジー物語。

閲覧数:275
いいね:0
お気に入り:0

前回ミディの放浪日記リスト

ミディの日記




ある日、お母さんがお仕事に行く時のこと。

こんこんこん。

「あーごめん、お母さんちょっと着替えてるからミディお願い!」

「はいはいはーい。どちらさまで…」

玄関のドアを開けて、近くを見てみても誰の姿もない。

「って、誰もいないじゃない…お母さーん、いたずらだったみたいー」

「ちゃんといるのー」

いきなり、足元から声が聞こえた。

「ミディおねーちゃんひどいのー」

「えっ? わぁっ!?」

下を向いてみると、小さな女の子が2人。
同じ顔をして、身長も体格も同じくらい…双子なのかな?

「あ、え、あの…? な、なに?」

「おとどけものにきたのー」

「きたのー」

…お届け物?
お届け物はいいけど…何でこんな子がお届けるの?

「あら、ミディ…その子達は?」

お母さんが着替えを終えて、玄関にきた。

「んー…私にもよく分かんないよぉ。お届け物があるって言ってるんだけど…」

「ひとまず家に入れましょ、それから…あー!」

「え、え? 何、どうしたのお母さん?」


***




…なんだかなあ。

お母さんは時間だとか言ってお仕事行っちゃうし。
結局、残ったのは私とこの子達だけ。

「まぁ、ぶつぶつ言っててもしょうがないっか。うん!」

カップを3つ持ってリビングに入ると、さっきの双子がちょこんと行儀よく座っていた。

「はい、どうぞ」

「?」

「あったかいミルク。ミルクは嫌いだったかな?」

「だいすきなの」

にぱっ、と笑う2人。

「そっか、よかった」

両手でカップを持って、くいくいとミルクを飲む双子を見ながら、私は話し掛けてみた。

「ねぇ、ちょっと教えて欲しい事があるんだけど、いいかな?」

「うんっうんっ」

こくこく頷く。

「えーっと…お名前は?」

「リアっていうのー」

「シアっていうのー」

リアちゃんとシアちゃんね。

「そうだ、お届け物ってなにかな?」

「あ」

(たぶん)リアちゃんが背負っていたリュックサックを下ろした。

「このなかにいるの」

…中に、「いる」?

「あけるのー」

「え、ちょっと待って心の準備がまだできてな」

ぶわっ!
リュックサックから何か大きくて白い物が私に飛びついてきた。

「あれ…もしかして」

頭に小さな角がある、毛だらけの生き物。

「ゆぅに!」

「キューーー♪」

よかった、私のこと忘れてなかったんだぁ…。

「あはっ…ほら、くすぐったいってば」

「キュー」

「おねーちゃん」

リアちゃんがリュックからまだ何かを出した。

「おてまみもあるの」

「お手紙?」

こくこく頷く。

「お手紙…」

私は、ゆぅににへばり付かれたまま手紙を読み始めた。


***





『こんにちはミディちゃん、ひさしぶり!
ボクのこと覚えてるかなぁ? フィオだよ~。
まず、会いに行くって言ったのに行けなくなってごめんなさい!
西側で色々あって、離れられなくなっちゃいそうなの。
だからこんな風に手紙になっちゃいました。ホントにごめんね。

あ、ゆぅにのこと話しておかなくちゃね。
約束通り、ゆぅには大きくなったよ。ボク達じゃなくって頑張ったのはゆぅになんだけどね。

そうそう。
ミディちゃんが心配してた、「ゆぅにが何も食べれなくなっちゃった」ってこと、
ちょっと気になったからエリアスに調べてもらったんだ。
ボクは「大きくなれば何でも食べる」って言ったけど、ホントはそうじゃなくって
幼態でも何でも食べれるらしいの。
ゆぅには好き嫌いしてただけだったんだね。
それで、色々食べさせてたら…あはは、なんか丸くなっちゃった。やりすぎちゃったかな。
でも、少しくらい丸っこい方が可愛くていいよね?

それじゃ、短いけど書きたいこと全部書いたら読みきれないから、おしまい!
最初はあんなこと書いてるけど、いつか絶対遊びに行くから待っててね!

                               小さな親友へ。フィオ』


***





「フィオ…ありがと」

「キュ」

「丸っこくても細くても、ゆぅにはゆぅにだもんね」

「キュ♪」

「ミディおねーちゃん、うれしそうなのー」

ミルクを飲んでいたリアちゃんがこっちを見て言った。

「うん、嬉しいもん」

「リアもうれしいのー」

「シアもなのー」

…あれ?

「ねぇ、リアちゃん、シアちゃん?」

「??」

2人揃って首をかしげた。

「…どうして私の名前、ミディって知ってるの?」

ちょっと考えてみれば変。
どうして初対面の、しかもこんな小さな子が私の名前を知ってるんだろう。

「おとーさんおかーさんが言ってるのー」

「言ってるのー」

「…お父さんお母さんのお名前、言えるかな?」

「…。」

「…。」

2人揃って、黙ってしまう。

「だめなの、しゃべったらだめなのー」

「だめなのー」

ぶんぶんぶんぶん頭を横に振りながら言う。

「どうしてダメなの?」

「おとーさんにおこられるのー」

「おこられるのー」

「お父さん、怒ったら恐いんだ?」

こくこく頷きながら喋る、2人。

「おとーさんおこるとこわいのー」

「こわいのー」

喋ったら怒られるって思ってるんだね。

「でも、おかーさんはもっとこわいのー」

「こわいのー」

「…ふぇ?」

「だから、あんまりこわくないの」

にぱっと笑う2人。

「じゃあ、お名前教えてくれるかな?」

「おとーさんは、おとーさんっていうの」

…え?

「おかーさんはおかーさんなのー」

「あ、あはは…ありがと…」

そうだよ、お父さんお母さんを名前で呼ぶ子なんていないって。
んーでも…困っちゃったな。

「ねぇ、リアちゃんシアちゃん?」

「?」

「2人だけでここに来たんじゃないよね。お父さんとお母さんは?」

「んーとんーと」

「おとーさんがくたびれてうごけないから、さきにいってろっていわれたの」

…なんだかなぁ。


***





-夜-

「ふう」

私は机について、後ろを見てみた。

「すー…」

「ぴー…」

…ベッドでは、リアちゃんとシアちゃんがよく眠っている。
結局、夜になっても2人のお父さんとお母さんは来なかった。

「お父さんがくたびれて動けないから、ねぇ…リアちゃんとシアちゃんに振り回されてたのかな?」

ま、いっか。

大丈夫、ちゃんと明日には来てくれるよ。
お父さんとお母さんだもんね。

「ふぁ…日記書いて寝よう…」

私は机の中から日記帳を取り出した。
そして中をぱらぱらとめくる。

あ、これ最初のやつだ…。

ちょっと懐かしくなって、私は、書き始めの1ページを読んでみた。


***





『きょう、イリスといっしょに、カイっていうおっきぃ人にあいました。
おもしろかった。
ごはんもおいしかった。

それに、カイがいっしょにいってくれるって言ってくれた。

わたしと、カイと、イリスがいっしょにいるの。

とってもうれしかった。』


***





最初の日記は、これだけしか書いていなかった。

「…そっか。私、3人一緒になった日のこと書いたんだっけ」

その日にあった事とか、楽しかった事とか、それを書いていく日記。
でも私は、それより前の日のことを書いてた。

「…。」

机の中から、7冊目の日記帳を取り出して、私は日記を書き始めた。


***





『7月22日。

今日はかわいい郵便やさんが家にきた。
リアちゃんとシアちゃんっていう双子の女の子が、ずっと会っていなかったお友達を届けてくれたの。
ゆぅにと、フィオと、エリアス。
ゆぅにはちょっと…かなり丸っこく、大きくなっててびっくり。
フィオとエリアスはきっと変わってないんだろうな。早く会ってお話したいな。』

『7月23日。

リアちゃんとシアちゃんのお父さん、お母さんが家にきた。
私を見て、大きくなったねと言ってくれる。
泣きそうだけど、がまんして泣かないようにしなくちゃ。
また、一番いい顔を覚えていてほしいから。
あの時みたいにちゃんと笑ってるんだ。

ね。
それで、いいんだよね。』




-ミディの放浪日記 了-

前回ミディの放浪日記リスト

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)