いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
ミディの放浪日記~日記 -9月2日- (オリジナル)
作者:義歯

紹介メッセージ:
 小さな女の子が紡ぐ小さなファンタジー物語。

閲覧数:229
いいね:0
お気に入り:0

前回ミディの放浪日記リスト次回

ミディの日記




きょうは、げつようび。
わたしは、げつようびがキライです。

「行ってきます。お留守番、お願いね」

「うんっ! おかあさん、いってらっしゃい!」

…行っちゃうよ。

「それじゃね」

「あ、おかあさん…」

「ん? なあに、ミディ?」

「えっと…んと…お仕事、がんばってねっ」

…ちがうよ、わたしはこんなこと言いたいんじゃないの。こんなこと言いたくない。

「うん。頑張ってくるわ」

「えへへ。いってらっしゃいっ」

ぱたん。

わたしは、ゆっくり玄関のドアをしめました。
少ししてから、もういっかい開けます。
…お外を見ても、おかあさんは見えません。
あるいて、もうとおくに行っちゃったんです。
…でもでも、ちゃんとかえってくるのは分かっています。
夕方になれば、またおかあさんといっしょにいれる。
それでも、なんだか淋しくってしかたがありません。

わたしは、ドアをまたゆっくりしめました。

…ぱたん…。

なんだか、わたしとおんなじ音がする…。

どようび、にちようびはずっと、ずぅーといっしょなのに。
げつようびになると、おかあさんはお仕事に引っぱられて行っちゃう。
だから、げつようびはキライです。



***




ついこのまえ。

わたしはここに来ました。
カイと、イリスと、さんにんで、みんな、みんないっしょに。
でもわたしは、ここにはひとりで来ました。

カイは、「おわかれ」はあるって言ってました。
だれにでも、いつかはかならずあるものだって。
でもわたしは、「おわかれ」って、なんだか淋しい感じがして、
なんだかあってほしくない感じがして、いやでした。

『甘えるな!!』

…カイにこう言われたとき、「おわかれ」ってホントにつらいことなんだな、って考えました。
イリスも、「おわかれ」のお話をしてたとき、ずっとつらそうな顔をしてたから。

でも、わたしにはもう「おわかれ」ってないみたい。
カイがそう言っていました。

それに、カイと、イリスとまた会うから。やくそくしたもん。
だからわたしは「おわかれ」するときは泣きませんでした。
でも、イリスはいっぱい泣いていました。
なみだが、ほっぺたをながれてぽろぽろおちていました。
だから、わたしは、イリスにあったかくなってほしくって、あたまをなでなで、ってしました。
わたしがいつもイリスにしてもらってること。
あったかいのをイリスに分けてあげたかったから。

『う…んっ。とっても…』

イリスは、泣きながらこう言いました。
なでなで、ってされたあとは、どうしてか分からないけど、泣きたくなっちゃうから。
だから、わたしはイリスがあったかくなってくれたんだなぁって、とってもうれしかった。

それからわたしは、ひとりでここに来ました。

いっしょにいたかった。
けど。

そうすると、また泣きたくなっちゃうと思うから。
そうすると、またいっしょにいなくちゃいけないから。
「おわかれ」はつらいことだけど、おかあさんに会えたから、うれしいことなのかも知れません。



***





「…。」

ひとり。

お花、テーブル、しょっきだな、せんたくもの、カレンダー、カーテン、ほんだな、ぬいぐるみ。
いっぱい、いっぱいのものがあるけど、わたしはひとり。

おかあさんがいない、このじかん。
本をよんでも、ぬいぐるみであそんでも、おへやのおかたづけをしても。
ずっと、ずぅっとひとりのじかん。
わたしはこのじかんがキライです。

『それじゃね』

あさ。

おかあさんはこう言ってお仕事に行きます。

…なんだか、さみしいです。
「おわかれ」をするときみたいで、イヤです。

でも、おかあさんはちゃんと、かえってきます。
ちゃんと分かってるの。

でも。

もう、「おわかれ」は、ないって言ったのに。
それなのに、こんなにさみしいのは、イヤです。

カイのうそつき。

わたしはひとり。

イリスと会うまえ、ひとりでいたときみたいな感じです。

『えーっと…うん、そう。一緒に行こうよ、ね?』

イリスの言ったこと。
うれしかった。
そのとき、「いっしょ」がだいすきになりました。
あったかくなることば。
イリスは、ずっとわたしのそばにいてくれました。

『もう大丈夫だ…傍にいるからな』

会ってからずぅっといっしょだったカイ。
あったかくって、おおきくって、やさしくって。
カイの「いっしょ」もだいすきになりました。
カイも、ずっとわたしのそばにいてくれました。

でも。

でも、いまはひとり。
ひとりは、イヤです。



***





玄関のドアにかぎをかけて、わたしはお外に出かけました。
おうちにいると、さみしいキモチがわたしといっしょにいるから。
わたしは、そんな「いっしょ」はイヤでした。
でも、お外に出てもだれもいません。

わたしは、ひろいところに行ってみんなをさがそうと思って、
ここらへんでいちばんひろいはらっぱに来ました。

でも、やっぱりだれもいません。

…どうしてかな。

わたし、ひとりじゃなきゃいけないのかな…。

「…。」

やだ。
そんなのはイヤ。

ぜったい、おかあさんもかえってくるもん。
ぜったい、ずぅっとひとりじゃないもん…。

「ぅ…」

すこし、なみだがながれました。

「ねぇ」

だれ。

「どうして泣いてるの?」

おとこのこ。

見たことのないおとこのこが、わたしに話していました。

「さみしぃの…」

わたしは、こたえました。

「どうして?」

おとこのこは、また話してきます。

「だれもいないの…」

「どこに?」

「どこでも、だれもいないんだもん…」

わたしがこたえると、おとこのこは少し話すのをやめて、それから、

「ちがうよ?」

そう、言いました。

「だって、おかあさんも、おとなりのおばさんも、フィオも、エリアスも、ゆぅにも、
さきも、あややんも、ヴァイドも、カイも、イリスも、だれも、だぁれもいないのに…」

「変なの。」

へんなの?

「…どぉして?」

「ぼくがここにいるのに」

そっか。このおとこのこがいる。

「ぼくたち、いっしょにいるのにな」

いっしょ。

「…いっしょ」

「でしょ?」

「…うん」



***





おはなし。

わたしたちは、ふたりでいっしょにお話をしました。

「ふぇ?」

おとこのこも、わたしとおんなじ。
おかあさんが出かけて、かえってこないって言ってました。

「わたしもだよ」

こう言ったら、

「またいっしょなんだね」

おとこのこは、こう言いました。



***





ゆうがた。

「そろそろ、おかあさんかえってくるかなぁ…」

「きっとかえってくるよ」

うん。

いっぱい、いっぱいお話をしたおとこのこ。
わたしは、なんだか、イリスとカイといっしょにいるみたいに
たのしくって、うきうきして、どきどきしてました。

「ぼく、おかあさんにきみのこと話すよ」

おとこのこが言いました。

「わたしのこと?」

「うん。お友だちだよ、って」

おとこのこは、こっちをむいて言いました。

「わたしも!」

わたしも、おとこのこをむいてこたえました。

「ねぇねぇ」

「?」

「またあしたもお話できるかな?」

「うん、きっとできるよ」

ゆうがた、おかあさんがかえってくるじかん。
わたしとおとこのこはこう言って、「おわかれ」しました。



***





「ミディ、ただいま」

わたしのほうに、おかあさんがあるいてきます。

「おかえりっ、おかあさんっ!」

わたしはおかあさんにとびつきました。

「あのねあのねっ、きいて、おかあさんっ」

「なあに?」

「わたしねっ、お友だちできたんだよっ」

「お友だち?」

「うんっ!」

「良かった…」

おかあさんは、なんだかとてもうれしそうな、ほっとしたような顔になりました。

「どんな子? 男の子? 女の子?」

「おとこのこだよ」

「お名前は?」

「ふぇ? えとえと、うんっと…わかんない」

「あらー…じゃあ、明日ちゃんと聞いておかなくっちゃね」

「うんっ、わすれないよっ」



***





よる。

わたしとおとこのこは、「おわかれ」しました。
でもそれは、あしたまでの「おわかれ」です。

「…あ」

『なーに…別れてもまた会えばいいんだ。な、ミディ』

カイのことば。
わたしは、ちょこっとだけ分かった気がしました。

カイ、うそつきなんて言ってごめんね。

「くがつ、ふつか、げつようび…」

わたしはにっきちょうをとじました。

カイと、イリスがかってくれたにっきちょう。

ちょっとのあいだだけ、つかってなかったけれど…。
またこれから、よろしくね。

「おやすみなさい…」

前回ミディの放浪日記リスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)