いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
花ざかりの理樹たちへ ~プロローグ~ その1 (リトルバスターズ)
作者:m (http://milk0824.sakura.ne.jp/doukana)

紹介メッセージ:
 恭介の思いつきで始まった王様ゲームにより、理樹は……。各編はほぼ独立していますので、途中からでもお楽しみ頂けます。

閲覧数:4,759
いいね:1
お気に入り:2

花ざかりの理樹たちへリスト次回

ピピピピッ……ピピピピッ……

携帯電話の着信音が鳴っている。

「……ん、もう朝……?」

時間はまだ朝の5時半だ。

携帯のディスプレイには恭介の名前が表示されている。

――こんな朝早くにどうしたんだろう?

「もしもし?」

『理樹、真人を連れて今すぐに食堂に来てくれ!!』

「……え?」

『じゃぁ、待ってるからな』

ブツッ!

プープー……

「……」

…有無を言わさずに電話を切られてしまった。

電話の恭介の口調からすると、かなり緊急の用事のようだ。

急がないと。

「真人、起きて!」

「……んごッ……ぐがァ……」

いくら揺らしても全然目を覚ます気配がない。

…この時間じゃ無理もないか。

けど、急がないと恭介のピンチだ。

「真人、ゴメンっ!」

床に置いてあった5キロのダンベルを持ち上げ、真人のお腹に落とす。

――グボォッ!!

「グハァァァァッッ!?」

……ちょっと落とす位置が高すぎたようだ。

「ま、真人……」

「……ん、理樹か。おはよう。丁度今な……」

真人がお腹の上のダンベルを不思議そうに持ち上げた。

「ま、まさかこのダンベルは……!?」

「あ、あ~真人。これには理由が……」

「神のダンベルじゃねえか!!」

「……はァッ!?」

「夢の中でなんだけどよ、俺は筋トレをしてたんだ」

この人は夢の中でまで筋トレをしてるのか。

「そしたら、ダンベルが手からスッポ抜けて、丘の下まで転がっていった」

「俺は全力で追いかけたが、大リーグ養成ギブスを装着してたせいで追いつけなくてな。そのままダンベルは池に落ちちまった」

「するとどうだ! 池から神が現れた!!」

「神は……両手にダンベルを持っていた……。そして俺に言うんだ」

『オマエが落としたのは右の10キロのダンベルか? それとも左の5キロのダンベルか?』

「もちろん俺は言ってやったさ……『右に決まってるだろ』とな」

「そしたら『フォッフォッフォ。5キロを選ぶとは謙虚なヤツじゃわい。ん? オマエから見て右じゃよ』と神の野郎言いやがったんだ!」

「半分になっちまったーーーッ!!」

「そこで俺は絶叫して起きたんだ……」

……僕がダンベルを落とした衝撃で起きたんじゃないんだ……。

「まさかタダでダンベルが手に入るなんてな」

「神も粋なことをしてくれるぜ!! ひゃっほーーー!」

元から自分のダンベルなんだけど、大喜びに水を差すのも悪いし…このままにしておこう。



真人にさっきの恭介からの電話を説明して、食堂に大急ぎで向かった。


花ざかりの理樹たちへリスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)