いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
花ざかりの理樹たちへ ~プロローグ~ その3 (リトルバスターズ)
作者:m (http://milk0824.sakura.ne.jp/doukana)

紹介メッセージ:
 恭介の思いつきで始まった王様ゲームにより、理樹は……。各編はほぼ独立していますので、途中からでもお楽しみ頂けます。

閲覧数:3,319
いいね:1
お気に入り:0

前回花ざかりの理樹たちへリスト次回



「みんな、輝いて見えるぜ」

恭介の言葉に、メンバー全員が「おーーーっ!」と気合の掛け声。

「よし、みんなの気持ちが一つになったところで……始めるぞ」

これは……負けられないな。

みんなも同じ気持ちのようで、気合いを入れたり策を練っているようだ。

「こまりちゃん、何やってるんだ」

――小毬さんと鈴がいる方向を見てみると……

小毬さんは両手を合わせ、ひねって、手と手の隙間を一生懸命のぞいている。

「こうするとね、何を出したらいいかわかるんだよ~」

「ほんとかっ! 何がみえるんだ?」

「んとねー、グー…かなあ」

それを聞いたみんなは一斉にピクッと反応した。

…………

小毬さんは嘘をつくような人じゃない。恐らくグーを出してくるだろう。

そうなるとパーを出せば勝てる。

けど、みんな同じ考えだとすると小毬さんのビリは確定だ……。

「うわあああ~ん、しゃべっちゃったらダメだよ~…」

あ。気づいた。





「みんな準備はいいな」

コクッ、とうなずく。

「「「「じゃ~~ん、け~~~ん」」」」

「「「「ポイーーーーッ!!!!」」」」

一斉に手が出される!

チョキ!

チョキ!

チョキ!

チョキ!

チョキ!

ものの見事にみんなチョキだ。

チョキ!

チョキ!

チョキ!

チョキ!

これはあいこ!?

…………

……グー!!

もう一人勝ち抜けが出た!!

一体誰だっ!!

恐る恐る顔を上げ、その手の主の顔を見る……。





「はっはっは。おねーさんが一番のようだな」

「なに、悪いようにはしないさ」

…………

勝ったのは来ヶ谷さんだった。

言葉とは裏腹に目がギラギラと怪しく輝いている!!

これは……ヤバイ!

周りを見渡すと……みんな青ざめていた。



真人は悶絶しながら髪をむしっている! トラウマを思い出してしまったようだ!

謙吾は顔が真っ青だ! トラウマを思い出してしまったようだ!

恭介は自分の手を握って、叫びながらのけ反っている。恐らく自分が一番になれると確信していたんだろう。

鈴は「ふかーっ」と警戒色あらわだ。

小毬さんは笑っているけど、口元が少し引きつっている。

クドは「わふー」と縮こまっている。

西園さんは「……ぽ」としている。Mッ気があるのかもしれない……。

葉留佳さんは逃げようとしている。……が、恭介に無言で掴まれた。



「どうした? さあ早く続きをやってくれ」

頬を上気させ、みんなを見回している。

……捕まったら、それは死を意味する……ような気がする。

すごい。

場の空気が最初のときより燃えている。

「うっおおおーーーっ!!」

自然とみんなから気合いの声が漏れる。

「「「「じゃーん、けーん」」」」

「「「「ポイッッーーー!!」」」」

こ、これは……

「うおおおーーー勝ったあぁぁーーーッ!! 筋肉を鍛えておいてホント良かったぜ……」

今度は真人の一人抜けだ。

みんな真人に「じゃんけんと筋肉は関係ない」というツッコミをする余裕もないようだ。

「フフフ。俺の筋肉相手をゆっくりと待つとするか」

「真人」

「なんだよ?」

「1位だけだからな。ビリを好きなように出来るのは」

「なにいいいいいいいーーー!?」

……そもそもルールをわかっていなかった!



「よ、よし、続けるぞ」

恭介の額にもうっすら汗が見える。恭介でさえ焦っているのだ。

まわりからもゴクリと生唾を飲み込む音が聞こえてくる。

「「「「じゃーん、けーん」」」」

「「「「ポイーーーーーーーーーーッ!!」」」」



グー!

グー!

グー!

グー!

グー!

グー!

グー!



……………………

…………

……

――チョキ。



チョキは……僕だ。

僕に決定してしまった。

ホッとしたような空気と、哀れむような視線を肌に感じる。

肩をポンと叩かれた。

「……理樹、がんばってくれ」

応援の言葉とは裏腹に、恭介は僕と目を合わせようとしない。

謙吾のほうに目を向けると……

うわ、目を逸らされた。

真人はッ!

「……腹筋なら手伝ってやるよ」

いらない気遣いだった!





「そう怯えるな、理樹君」

「さて、どうしようか……」

来ヶ谷さんはいろいろ考え込んでいる。

顔だけは真剣だ。

うわ、この時間が一番心臓に悪いなあ。

「姉御、姉御! 文の最後に全部『それと便座カバー』って付けてもらうなんてどうッスか!?」

「ふむ、却下だ。使い古されてる」

「…………」

――ヂャラッ!

西園さんがファー付きの手錠を取り出した。顔が赤くなってるんですけど……。

「……女王様、どうぞ。――ぽっ……」

「西園女史、悪いがそれは私が逮捕されてしまう」

「……残念」

……西園さんが勝っていたら僕は非常に危なかったかもしれない。

「あ、ゆいちゃん。あのね……」

「却下だ」

「うわああああん。話すら聞いてもらってないよお~」

「肩モミなんていかがでしょうっ! れっつ・しょるだーぷれいっ」

「響きがえろい……。が、英語が全く違うな」

「わふー!?」

「一日猫たちの世話なんてどうだ?」

「それはいつものことだから面白くないな」

小毬さん・クド・鈴の提案は完全却下された。いぢめレベルが低いのだろう……。

「来ヶ谷、筋肉関係をあたってみたらどうだ?」

「…………」

「って、シカトかよおぉぉーーーーっ!」

真人はどうでもいい提案をした挙句、精神ダメージを受けた!

「どじょうすくい、なんてどうだ?」

「……中年の発想だな」

「うおぉぉぉぉーーーーーーーーっ!」

謙吾までも精神ダメージを受けた!

「こいつらアホだ」

悶絶する二人に、さらに鈴が追い討ちをかけた。

「理樹に今日一日教壇に立ってもらって、一日教師をしてもらう、なんて面白そうじゃないか?」

「ふむ、恭介氏のその案は捨てがたいが……」

「だろ?」

「実現が困難だ」

「む……」

恭介なら実現させてしまいそうでコワイ。



「ふむ、どうしてくれよう……」

来ヶ谷さんは僕をまじまじと見つめている。

今までの提案が全部生ぬるいと思っているなら……どんな恐ろしい課題がだされるんだろう。

「…………」

――どきどき……

「そうだ」

…………何か閃いたようだ。

緊張は最高潮に達している。

どうか、無理難題じゃありませんように。

「…………」

みんなも息を呑んで、来ヶ谷さんのセリフを待っている。

「理樹君」

「は、はイっ!」

緊張のあまり、声がうわずってしまった。

「キミには今日一日女の子として生活してもらう」

「…………はい?」

「正確には、理樹君は今日一日中女装して生活してもらう」

「ええぇぇぇぇーーーっ!?」

「「「キャーーーーッ!!!」」」

女子みんなは、大興奮だ!

「だいじょうぶ~。理樹君、あの時すごくかわいかったよー」

……全然大丈夫じゃない。

「リキにリボンをつけてあげましたっ」

「あの時の理樹は、リボンが似合っていた」

なんともうれしくない感想だ。

「お、オイ理樹。あの時って……お前もしかして女装趣味があるのか?」

こんなときに限って、真人が細かいところに食いついてきた!

「違うよ! あれは無理やり……」

「…………萌え」

「あの時の気持ちをようやく言えました」

ああぁ、西園さん。

「あの時の理樹君は獣だったな。同じ女の子同士揉みしだき合おうぜウエッヘッヘとな」

「理樹くんエロかったよねー鼻血ブーでしたよ」

「理樹。お前の趣味をとやかく言うつもりはないが…自粛はしろよ?」

「わわッ!? 謙吾違うんだ!」

「青春だなっ!」

恭介が親指をビッと立てている。白い歯がまぶしい。

「も、もうそれは置いておいて」

「第一、そんな格好で学校に行ったらマズいでしょ!?」

「安心しろ、理樹」

きょ、恭介!

「校則に『女装して登校してはいけません』なんて項目はないぜ」

あぁ、恭介。そんな助け舟はいらないよ……。



「往生際が悪いぞ。これは決定だ」

ぐいっ、と来ヶ谷さんにつかまれる。

「さあ、おねーさんの部屋でメイクアップだ」

ズリズリとひきずられていく……。

「らるらら~♪」

「わふー! れ~っつ・えんじょい!」

「ほらほらほらほらっ! 理樹くん連行ー!」

「……写真に残しますね」

「わたしも理樹の変身がみたいから行って来る」

――女子に囲まれ、連行されていく……。

「――きょ、恭介! 謙吾! 真人ー!」

最後の抵抗で、必死に親友達に手を伸ばす。

「死地へ赴く理樹へ、敬礼ッ!」

――ビシッ!

恭介の合図で、謙吾と真人、恭介は惚れ惚れするほど綺麗な敬礼をした。

僕が見えなくなるまで彼らは、微動だにすることは無かった……。


前回花ざかりの理樹たちへリスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)