いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
花ざかりの理樹たちへ その18 ~学校・午前中編~ (リトルバスターズ)
作者:m (http://milk0824.sakura.ne.jp/doukana)

紹介メッセージ:
 恭介の思いつきで始まった王様ゲームにより、理樹は……。各編はほぼ独立していますので、途中からでもお楽しみ頂けます。

閲覧数:3,041
いいね:0
お気に入り:0

前回花ざかりの理樹たちへリスト次回



――授業(ほとんど自由時間だったけど)が終わり、休み時間になった。



「――で、恭介氏はどうした?」

「あ、僕もそれが気になってた」

「なんでも、今まで読みたかったマンガ本がようやく借りられたらしい」

「今頃は教室で読みふけってると思うぞ」

うわっ、自分から王様ゲームを振っておいてそれなんて…恭介らしい。

「あの馬鹿兄貴、かわいくなった理樹が見たくないのか?」

鈴は僕のことを早く恭介に見せてあげたいらしい。

「恐らく期待していないのであろう」

謙吾はどうやらあまり、恭介と僕を合わせたくないようだ……。

期待されてないと言われると……なんか悔しいな。

「いや、恭介氏が自ら会いに来ないのは…こちらとしては好都合だ」

「あ、姉御まさかっ!?」

「うむ、こちらから恭介氏を攻め――落とす」

来ヶ谷さんはビッと立てた親指を下に向ける。

「わふーっ! みっしょん・いんぽっしぶるなのですっ」

「……恭介さんとなると、井ノ原さんや宮沢さんのように簡単にはいきそうにないですね」

――確かに、策を練れば練るほど恭介は裏を突いてきそうだ。

「俺は落とされたんじゃない、落ちたんだ!」

「謙吾、誰も聞いてないよ……」

どうでもいい謙吾の言い訳をみんなスルーしていた。

「ふむ…そうだな」

「恭介氏相手なら策を練るより…あえてシンプルな策でいったほうが良策だろう」

「くるがや、作戦はあるのか?」

鈴も興味津々だ。

「恭介氏に効きそうな作戦が一つだけある」

「作戦名は――」



「うわーん遅刻遅刻ー! 私の名前は直枝理樹、パパの仕事の関係で今日から新天地に移り住むことになったの」

「けど私には一つだけ秘密があるの。それは見た目は美少女だけど、本当は男の子だってこと」

「新しいクラスのみんなにバレないように生活できるかしら」

「たしかあの角を曲がって真っ直ぐ行けば学校よね、あーん神様ー初日から遅刻は避けれますようにっ」

「角を曲がると――どっすん☆」

「いたたた……。痛ぇーーーっ、おまえどこ見て走ってんだよ!? あんたこそどこ見て走ってるのよ!?」

「なんなのよアイツ!? 謝りもしないで! ホント頭きちゃう、って遅刻しちゃうーーーっ」

「今日からこのクラスの一員になる直枝理樹ちゃんだーみんな仲良くするようにー」

「あああぁぁぁーーー!? おまえはっ!? あんたは今朝の無礼者っ!?」

「そしてなんやかんやでゴールイン」



「――作戦だ」

「え、ええええぇぇぇぇーーーっ!? 今の全部作戦名なのっ!?」

「無論だ」

「何か質問がある奴はいるか?」

「……鈴さんの髪って、綺麗ですね」

「う、うっさい…はずかしい」

「ほれーほれーほれークド公~」

「わ、わふー……目がまわりますぅ~」

「理樹、ちょっとだけでいい。手をつながないか?」

――誰も聞いてなかった!!

「はいっ」

あ、小毬さんが手を挙げてる。

「うむ、なんだ小毬君」

「その『うわーん遅刻遅刻ー!……」



――1分後――



「……ゴールイン』作戦はぁ……」

「途中一箇所違ったから言い直しだ」

判定きびしいっ!

「うわあああああんっ! 長すぎておぼえてないーーーっ」

小毬さん、覚えようとするなんてまじめ過ぎるよ……。

「うむ、少々長すぎたか……」

「ならば略して『棗兄作戦』としよう」

「うんっ、それならわかりやすいね~」

「とてもわかりやすいのですっ」

小毬さんとクドは納得してるけど。

「さっきの作戦名に一字たりとも含まれてないよっ!」

「なんだ美少女、ちょっとくらい可愛いからといって我がままだぞ」

「おっとー、理樹ちゃんが性悪アイドルと化してしまったーっ」

酷い言われようだ……。



「まあ作戦名は置いておいて、作戦自体は至極簡単だ」

「私がまず恭介氏をさり気なくおびき出す」

「そして私の合図で理樹君が廊下の角から飛び出し、恭介氏とぶつかり運命的な出会いを果すのだ」

いや、それはちょっとベタ過ぎな気がする……。

「なるほどな。マンガを読み込んでいる恭介なら、そこから勝手に先の展開を妄想するだろうな」

謙吾がうんうんと納得している。

「……私達は切っ掛けを与えるだけで、あとは恭介さんが自らステレオタイプのストーリーに堕ちていくのですね」

「『策士、策に溺れる』というワケなのですねーっ」

「たしかにきょーすけは、そーいうベタなのに弱いな」



「今回は、無線機はつけてもらうが…私達からの指示はなしだ」

「え、ええっ!?」

「恭介氏の動きをよく読んで、キミが臨機応変に対応するんだ」

来ヶ谷さんに肩をポンッと叩かれる。

「今までの経験を活かせ」

……今までの経験って言われてもなぁ。

――けど。

あの恭介相手にどこまで出来るかわからないけど……。

「うん、やってみるよ」

「うむ、いい返事だ」

「ついにきょーすけをこえる日がきたな」

「理樹ちゃんがんばれ~」

「リキならきっとできますっ」

「理樹ちゃんファイトー」

「……棗×直枝いえ、直枝×棗でしょうか…ついに夢のカードが実現……ぽっ」

「理樹、頑張らなくていいからな」

――みんなの応援で(後半は違う気がするけど)もしかしたら出来るかも、という気が湧いてきた。



「では、理樹君…これをくわえてくれたまえ」

――来ヶ谷さんが後ろからゴソゴソと何かを取り出し、僕に手渡した。

「ト、トースト……?」

「こんなこともあろうかと用意しといた。無論焼きたてだ」

……いつの間に、とかツッコむのはやめておこう……。



――はむっ

とりあえずトーストをくわえてみた。



「……あぁ、異様に萌える……」

来ヶ谷さんが恍惚とした表情で萌えていた。

「……あぁ、萌える……」

謙吾まで恍惚とした表情で萌えていた……。


前回花ざかりの理樹たちへリスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)