いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
ミディの放浪日記~第4枠 過去、昔、昨日 -past, past, past- (オリジナル)
作者:義歯

紹介メッセージ:
 小さな女の子が紡ぐ小さなファンタジー物語。

閲覧数:284
いいね:0
お気に入り:0

前回ミディの放浪日記リスト次回

第4枠 過去、昔、昨日




-夜-

「おう、来てたか」

ヴァイドがのっそりとリビングに姿を現した。

「あ、おかえりなさいヴァイドさん!」

ぱたぱたと出迎えに行くおとなしい方の子。

「おう」

「あの、ヴァイドさん…あの人たち、誰ですか?」

「…。」

一同沈黙。
俺は勇気を出して聞いてみることにした。

「お前…知ってて入れたんじゃなかったのか?」

「えっ、いえ…でもヴァイドさんのお知り合いの方だから大丈夫かなぁって。
…いけませんでしたか?」

ヴァイドと俺は顔を見合わせる。
そして互いに小さく首を振った。

「いや、まぁ…別にいいか、どうでも。それより飯は出来てんのか?」

「あっ、はい。急に人数増えたから簡単に済ませちゃいましたけど」

「だ、そうだ。カイ。すぐ飯にしようぜ」

ちょいちょいとダイニングの方に手招きする。
俺達はそれについて、まず腹ごしらえすることにした。


***



「で…?」

突然、ヴァイドが聞いてきた。

「あん?」

「何の連絡も無しにいきなり来やがって…何か用か?」

「言ったろ。宿が欲しいって」

「ああ、言ってたな…昼過ぎじゃ宿探すのも面倒だしな」

「そゆこと。」

また晩飯に取り掛かろうとすると、ヴァイドはまた続ける。

「しかし驚いたぞ」

「何がだよ?」

「可愛いのと綺麗なの連れて来るとは思わなかったからな」

「えへ」

可愛い、に反応したのかミディがにぱっと笑う。

「お前の方こそ。大人しいのと喧しいのと暮らしてるなんて知らなかったぜ」

「誰がやかましいんだようっ!」

お前だ、お前。

「そうだな、一応紹介しておくか…こっちの」

大人しい方を指差して言う。

「髪が青っぽい方が、咲(さき)で、」

次に喧しい方を指差す。

「赤っぽい方が、彩(あや)。本人たちの弁によると双子らしい」

「らしい…」

ぽつりと咲が呟く。

「何でさ? 見た目同じじゃん?」

大声で彩がわめく。

「…信じられねぇな。」

俺の率直な感想だった。

「俺も、そう思う。」

ヴァイドも同感らしい。

「まぁ、俺の方は後でゆっくり話すとするさ。」

「そうかい」

「だがカイ、お前の方はすぐ話せ。」

…は?

「何でだよ?」

「気になるからだ」

「…ヴァイド、全っ然変わってないな、そーゆーとこ。」

「気になることはすぐ確かめないとどうしようもない性分なんだよ。知ってるだろ?」

子供め。

「ああ、知ってるよ…」

「んじゃぁ話せ」

「ったく強引なとこまで変わってねぇよな…」

俺は頭をボリボリ掻きながらミディの頭に手を置いた。

「ふぁ?」

「まあ、何だ…実のところ俺も事情はよく分からねぇんだ。
言ってみれば、ちょっとした探し物をしてるって所だな」

軽くミディの頭を撫でてみる。

「ふぇ…カイ、かゆいよぅ」

「あ、悪い悪い」

「うにー…」

少し、様子を見ていたヴァイドが口を開いた。

「…まあいい。ここにいる間はゆっくりしてけよ」

頭を気にしているミディを眺めながら言った。

「そうさせてもらうかな…」


***



-暫くして-

「だいぶ時間経ってるよな…ミディ、どっかで寝かせてもらえ」

「ふぇ? まだ早いよ。ほら」

そう言ってミディは時計を見せてくれる。
時刻は17時30分。

「…17時? んなはず無いんだけどな…」

『家』に着いたときには既に16時を過ぎていたはずだ。

「えへへー」

「…。」

ひょいっ、と時計を取り上げる俺。

「あーっ…」

「…ミディ、時計は逆さまにして使うもんじゃないぞ。」

本当の時刻は23時57分。

「うーっ。でもまだおきてるんだもんっ」

珍しくわがままを言うミディ。急に知り合いが増えた所為か、興奮しているのかもしれない。

「だーめ。もう寝ないと、明日起きれなくなっちゃうわよ?」

「ふぇっ、でもでも…ぶぅ」

反逆の狼煙は上がらず。

「私も一緒に寝てあげるから」

「うー…うん、わかったよぅ。…おトイレどこ?」

「彩、連れてってやれ」

ヴァイドがフォローを入れる。

「え? あ、いいよん。こっちだよミディちゃん」

「はぁーい」

ふうっ、と息を吐くヴァイド。

「…さーて、カイ。お前はまだ寝るとか言わねぇよな?」

コイツ、まだ飲む気か…。

「イリス、お前も付き合ってくれよ」

「ヤ。私お酒弱いんだもの。もう酔ってるんだから」

ぐ、コイツ逃げやがった。

「イリスぅ、おやすみしよう~?」

いいタイミングでミディが戻ってくる。

「そうねー、お休みしましょーう」

「おやすみなさーいっ」

ぺこりっ。

「はいはい、おやすみ~…っと」

「じゃ、カイ」

部屋を出るところでイリスが振り向く。

「飲み比べ頑張ってね♪」

爽やかな笑顔でそんなこと言ってくれるとは…鬼か、お前は。


***



「ふぃー」

「…。」

「ん? どうしたカイ。飲まねぇのか?」

「…ああ、お前みたいには飲めないよ」

「だらしねぇなぁ。1年前はお前もこうやってただろが?」

ああ、心の底から後悔してるよ。
誰がウィスキーを瓶で飲むんだっつーの。

「ヴァイドよう…相変わらず酒強いな」

「違うぞ、俺は酒が好きなだけだ」

「あ、っそ…まあいいけどよ」

暫く間が開いた。

「ヴァイド」

話を切り出したのは俺の方。

「あの双子、どうしたんだよ?」

「拾った」

「はぁ!? ちょっと待てよ、俺が出て行った時にはあんなの居なかっただろ?」

「ああ、居なかったな。あの3日後に拾ったんだし」

「は~~~…分かんねぇな」

「何がだ?」

「拾う、ってトコだよ。まさか道端に転がってた訳じゃあるまいに」

「むう…」

少し、考えてからヴァイドは言った。

「…状況としては似たようなモンだったぞ。お前が消えて、ここに住んでるのは俺一人に
なっちまったんだ。それくらいは分かるだろ?」

「ああ」

でもそれとあの双子と何の関係が…。

「お前も知ってる通り俺は酒が好きだ」

ヴァイドは話を続ける。俺は聞き役に徹することにした。

「丁度、酒が切れちまったから酒場に買いに行ったんだな、その日は。」


***




-1年前-

「よう社長!」

酒場に入った俺を店主が茶化した。
挨拶代わりってとこだ。

「社長じゃねぇ、工場長だ。もっとも…部下はもういねぇけどな」

「…済まん」

「なぁに、気にすることじゃねぇ。いつものヤツくれ」

少し、店主と話をしてから俺は家に帰ろうとした。
でもな、ここでちっと気になっちまったんだよ。
何がって? 工場の戸締まりに決まってるだろ。
…コラ、不注意とか言うな。確認に戻っただけなんだからな。
んで、工場の前に来て、鍵の確認するかーっと思ったときだったよ。

「開かないなー…どうなってるんだろ」

「うん…ぐすっ」

子供が二人居たんだ。
背格好も声も同じ、夜だったし、ちと離れてたから顔は見えなかった。
でも話からしてそいつらの居た所はドアの前で、工場の中に入ろうとしてるって事は何となく分かった。
不法侵入…法律も意味がなかったあの頃じゃ変だけどな…とにかく、
黙って入られるのを見過ごす訳にはいかなかった。

それで俺は声を掛けたんだ。

「…何してんだお嬢ちゃん達?」

「ひっ!?」

「う、うわぁっ、出たーーっ!」

全く正反対の反応だったっけな。

「う…ふぇぇーん…」

「お姉ちゃんを泣かしたなっ! 来いっ、熊め! あたしが相手だーっ!」

…思えば、第一印象最悪だったな。
おい、カイ…笑うな。まるっきり熊とか言うな!

「あのなぁ、熊が人間語喋るかよ?」

「あ…。あははー、ごめんねオジサン!」

カイ、お前いつまで笑ってるんだ。いい加減落ち着け。
オジサンがはまりすぎ? …お前だってそのうち、こう呼ばれんだよ。

「…で、何してたんだ嬢ちゃん達は」

「…。」

「あ、あのっ」

そこで今まで泣いてた方が初めて喋った。
ああ、コイツが咲だよ。

「わたしたち、逃げてきたんです…それで、こんなに大きい家ならきっと…」

「きっと金目の物があるだろうから盗みに入るつもりだったのか?」

「違います! そんなことしません!」

「本当か?」

「本当です!」

「じゃあ目を見せてみろ、じっとだ」

澄んだ目をしてたよ。夜だってのに、あの子の目は蒼い色をしてたってのにな。
さっきまで泣いてた所為だろうが、涙なんか溜めて、目も腫らしてな。
それでも真っ直ぐで真っ正直な目だった。
…それで、何か考えちまってな。
俺達も、初めの頃はこう…真っ直ぐで真っ正直だったな、ってよ。

「よし、信じよう」

「ありがとうございます」

信じよう、と言われたのが嬉しかったのか、咲は微笑んで答えた。
彩の方か? あん時はまだドアの前うろうろしてたっけな。

「…何してんだ。」

「変わった戸だなーと思ってー。ホラ、」

と、彩はドアノブを持ってドアごと真横に動かそうと力を込めた。

「開かないじゃん?」

「…アホかお前さんは。こうやるに決まってんだろ」

俺はドアノブを回してドアを開けた。
二人とも目を丸くしてたっけな。初めて見たみたいだった。
あ? 何でドアが開いたんだって…?
…あー、鍵かけ忘れてたみたいだな。ハハハ。
過ぎたことだろ、そんな気にすんなって。

「こうやって開けるんですね…」

「何だ、異国から来たのか?」

「はい。つい最近こっちの大陸に越してきたばっかりなんです…けど…」

ここで俺は、こいつらが「逃げてきた」って言ってたことを思い出した。
ああ、そうだよ。それで家に置いておこうと思った。
だから、そうした。それだけだ。


***




「結局、何からどうして逃げてたのかは聞かなかった訳か」

「ああ」

残りの酒を一気に呷って、ヴァイドは答えた。

「聞かなくたって想像はつく。ついでにそれが当たってるって確信も持てる」

「…そか。話が出たついでだ、これ返しておく」

俺はポケットから鍵状の鉄棒を取り出し、ヴァイドに渡した。

「本体はここから北の黒の森のどっかにある」

「そうか。じゃ、今頃は動物たちの運動場だな」

「それで良いんじゃないか、ヴァイド。お前だってそんな風に考えてたから、
あの二人をここに住まわせてるんだろ」

「まぁな…。もう酒がねえや、そろそろ寝るかー」

伸びをしながら席を立つヴァイド。
俺も続いて立ち上がる。

「しっかし…飲んだな。」

テーブルの上は酒瓶でビッシリだ。

「普段は1本飲めねぇんだ」

「あの大人しい子だろ?」

「ああ、身体に悪いだとか何だとか…俺は年寄りじゃねぇっつーの」

「好かれてるんだな」

「バカ言えよ。おら、寝るぞ」

「へいへい…俺の部屋は?」

「開けてるよ、お前の部屋は。」

「サンキュ」

「そうだ、カイ」

居間を出ようとしたところで呼び止められる。

「いつまでこっちに居るつもりでいるんだ?」

「あー、2~3日中には出るつもりだ」

「そうか。分かった」

「んじゃ、お休みーっと」


-第4枠 了-

前回ミディの放浪日記リスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)