いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
ミディの放浪日記~第5枠 side-b お天気のいい日は。 -sunny days- (オリジナル)
作者:義歯

紹介メッセージ:
 小さな女の子が紡ぐ小さなファンタジー物語。

閲覧数:237
いいね:0
お気に入り:0

前回ミディの放浪日記リスト次回

第5枠 side-b お天気のいい日は。




「うー…むにゅむにゅ…」

むっくり。

「ふあ~…ぁ…イリス、おはよう~。…あれ?」

「すー…すー…」

ねてる。
そっか、イリスはわたしよりおねぼうさん。
起こしちゃうと、もう少しねかせて、って言われるから…まだ、おはようはしないよ。

「よいしょ」

ベッドを出て、静かにおへやを出ます。

「あれ、ミディちゃん?」

「ふぇ?」

「おはよう。よく眠れた?」

おへやの前にいたのは、咲でした。

「うんっ。たっくさんねたよ。…でもでも、イリスはまだおねぼうさんなの」

「あ、まだ寝てるんだ…困っちゃったな、朝ご飯片付かないのに」



「ねぇねぇ咲ぃ、いま、なんじ?」

「今? 8時すぎてるよ」

「ふぇ!」

どうしよう。イリスだけじゃなくって、わたしもおねぼうさんになっちゃった。

「起こしちゃっても平気かなぁ…?」

「うんっ。…ねぇねぇ、カイもまだおねぼうさん?」

咲は、ちょっとかんがえます。

「んー…まだ起きてないと思うけど。ミディちゃん、起こしてきてくれるの?」

「うん!」

「ありがとう。それじゃお願いしちゃうね。
カイさんの部屋は、2階に上がって右側の…右って分かる?」

「スプーン持つほう」

「うん、そう。そっち側の部屋らしいから…それじゃ、お願いね」

「はぁーいっ」


***



「きゅーう、じゅーう、じゅーいち、じゅーにっ」

2かいに上がって、えっと…。

「みぎがわっ」

ちょっと古い、木でできたドア。k、y…カ、イ…って書いてある。
ここなのかな?

「こんこん」

しーん。

「カ~イ~?」

しーん…。

「入るよー」

「…入るなー。」

あ、カイ起きてる。入っちゃえ。

ガチャ。

「ふぇっ」

おへやに入ると、なんだか、「どくとく」な感じがしました。

「おとこのしんしつのかおりがする」

「…何だよそりゃ」

「あ」

「ん? どしたミディ」

「おっはよっ、カイ♪」

「もう朝か…おやすみ。」

「ふぇっ、ちがうよぉっ、おはようだよぉっ」

「今の俺はお休みでいいんだ…頼むからもう少し寝かせてくれよ」

「…どぉして?」

「俺は今、ものすん………ごい、気持ち悪いんだ」

ふぇ…気持ち悪いの?

「だいじょうぶ…?」

「大丈夫だよ、もう少し寝てればすぐよくなる」

「ホント?」

「ああ、ホントだ」

「…そっかぁ。早くよくなってね、カイ」

「安心してろって。すぐ治っちまうから」

「うんっ。それじゃ、おやすみ、カイ」


***




「ねぇねぇ咲ぃ、カイ起きないよぉ…ふぇ?」

ゆうべ、みんなでご飯を食べたおへや。
咲と、彩と、あと、イリスはテーブルに倒れてるふうに見えました。

「イリス?」

お返事がありません。
ちょっとイリスの近くに行って、もういっかい、よんでみました。

「イリスぅ」

「なぁに、どうしたのミディ?」

こっちを向いたイリスは、いつもの、やさしい顔をしてました。
よかった。

「おはよっ、イリス♪」

「おはよう、ミディ」


***




「ふぇ~…ふつか、よい?」

「うん、イリスさん具合悪いんだって。だから静かにしてようね?」

「ぐあい…ってなぁに?」

「え、えっとね…気持ち悪いんだって」

「きもちわるい…カイとおんなじなの?」

わたしは、イリスの顔を見てみました。
なんか、青っぽくて白っぽい。

「カイも、気持ち悪いって言ってたの?」

「うん、すこしねてればだいじょーぶだ、って…。イリスも、すこしねてればだいじょーぶ?」

「ん、大丈夫だと思う。だからそんな顔しないで」

「ふぇ? そんな顔って…どんな顔?」

わたし、どんな顔しておはなししてるんだろう。

「そんな、心配そうな顔しなくっていいから」

「…でもでも、心配なんだもん」

わたしは、イリスにいつものイリスでいてほしいのに。
あったかくって、やさしくって、やわらかくって。
ずっとずっと、げんきでいてほしいだけなの。

「げんきなほうがいいんだもん…」

つらくって、かなしくって、イリスの顔が見れません。

「ミディ」

「ふぇ…?」

頭に、ふわっ、て感じがしました。
イリスが、頭をなでてくれてる。

「ミディが元気にしててくれれば、すぐ治っちゃうよ?」

「ホント?」

「うん、ホント。」

そっかぁ。
イリスがうれしいと、わたしもうれしいから。
わたしがげんきだと、イリスもげんきになるんだ。

「じゃあわたし、げんきにしてる!」

わたしが、げんきにしててイリスがいつもみたいになってくれるなら、
わたしはずっとずっとげんきにしてる。
笑ってなきゃ。わたしも、イリスに笑っててほしいから。

「ごめんね、ミディ…ちょっとこのまま寝るわね」

「う、うん…おやすみ、イリス」


***




…どうしたんだろう。きゅうに、また、きもちわるくなったのかな。
静かにして、ねかせといてあげなきゃ。
でも…。

バタバタバタバタ

「ほいほーい、ちょーっとどいてねー。ってうわ! 危ないってば!」
「また割っちゃったの? お姉ちゃん、食器洗うときは気をつけてって言ってるじゃーん」

「…ねぇ、あやあや」

「あう? あたし、あやあやじゃないよ」

「じゃあ、あややん」

「あ、それカワイイかも」

「…あのね」

「何かなー?」

にこーっと笑ってこっちに顔を向けてきます。

「おねがいだから、静かにしてて?」

「…あ」

かたまりました。

「…あはははははは」

「笑いごとじゃないよぅ…」

「ご、ごめん…」


***




「はぁ。なるほど」

「だからね、どうすればいいのかなぁ…」

「うーん。お散歩に行こうか?」

あややんとわたしは、咲に「そうだん」してます。
ホントは、おしゃべりをやめてじぃっとしてればいいんだけど、
何かやってると、どうしても音は出ちゃうから。

「ふぇ? おさんぽ?」

「うん。静かになるし、ミディちゃんも気分転換になるよ」

「きぶん…てんかん?」

ちんぷんかんぷん。

「と、とにかく…行こうよ? 帰ってくる頃にはイリスさんもよくなってるよ」

「ホント?」

「うん、きっとね」

「そっかぁ…じゃあ行くっ」

「うん。行こ」

イリスは、ちゃんとおやすみしてなきゃよくならない。
だからって、ひとりにしたくないけど…。
お家にはカイがいるし、だいじょぶだよね。

「いってらっしゃ~い」

「ぶー。あややんも行くのっ」

「え、あ、あたしも?」

「そうだよぅ。みんないっしょがいいのっ」

「わ、分かったから引っ張らないでってば、わっ、ちょっと」


***




お外にでると、きもちいい風がふいていました。
もうそろそろ、あつくなってくるのかな。
このあついときのコトは「なつ」って言うんだって。

わたしは、「なつ」って好き。でも。

「あーづーいぃ~…」

あややんはあんまり好きじゃないみたい。
つないでるお手てが汗びっしょり。

「あややん、あついの?」

「も~~~~~………暑くて暑くてダメ! 脳みそ融けちゃうって」

「いくら何でもそんなに酷くないよ、彩ちゃん…」

咲はこまったような、笑ってるような顔。

「今日はまだ、風が気持ちいいじゃない?」

「そーだけどさー…」

「ねぇねぇ?」

「あう?」
「ん?」

わたしは、ちょっと気になるコトをきいてみました。

「あのねあのね、あの、カンカンカーンてなんの音?」

「かんかんかん?」

「うん、あっちから、さっきからずぅーっと聞こえてくるの」

きのうも、こんな音が聞こえた気がする。

「もしかしたら工房からじゃないかな?」

「きかいこうぼう?」

「うん、機械工房。ヴァイドさん、毎日手入れしてるみたいだからその音だと思う。
私たちもたまに手伝うんだよ」

「ふぇー」

「行ってみる?」

「いってみたい!」

キカイは、きのう、ちょこっと見ただけだから、もうちょっと見てみたい。

「え~…あたし手伝いヤだよー?」

「あややんも行くのっ」

「はいはい…トホホだよ」


***




「ヴァイドさーんっ」

こうぼうの中は、うすぐらくってすずしいです。
それにホコリっぽい…。

「あれ…ヴァイドさーん!」

「お? 咲。何してんだ?」

おくからヴァイドが歩いてきます。

「…って彩とお嬢ちゃんまで一緒か。何しに来たんだ?」

「おさんぽ!」

ヴァイドはあきれ顔。

「散歩でここに来るかっての。どうせ咲がここに入ろうとか言い出したんだろうけどな」

「は、はい…あの、これお弁当…」

「お、悪いな」

「好きでしてることですから、悪いだなんて…」

「お姉ちゃん…いつの間にお弁当なんか持ってきてたの…」

「あ、彩ちゃんとミディちゃんの分もあるよ。ほら」

どこに持ってたんだろう。
咲ってふしぎ。

「で、何だ」

ヴァイドが言います。

「弁当渡すためだけに来たんじゃないだろうに」

「はい、ミディちゃんが機械を見たいって…」

「見たいんなら別に勝手に見てていいぞ」

「ふぇ。いいの?」

「ああ、でも変なとこ触んなよ」

「はーい!」


***




きのうの、水色のキカイは…あった。
w、a…ter。う゛ぁーてる…って書いてある。



きのうみたいに動かないのかな。

おかしいな。

どうしたのかな?

きのうみたいに、ぺちぺちしてれば動くかな?

「ふぇ! つめたい…」

かたいのはそのままだったけど、きのうとちがって、つめたい。

「…動かないんじゃなくって、動けないの?」

こたえてくれない。

「さみしい?」

こたえない。

「わたしはさみしいよ…。せっかく、せっかくお友だちになれると思ったのに…」

さみしい。

「お友だちがいなきゃ、さみしいよ…動けなきゃ、きっとかなしいよ…。
ヴァーテルとおんなじキカイたちも、いっしょにお友だちになりたかったのに…」

うすぐらい。

「お願いだよぉ…動いてよぅ…」

ごん。

「いたっ」

なにかに頭をたたかれました。
上を見ると、ヴァーテルの手。

「…だれ? もしかして、ヴァーテルなの?」

手はそのまま、わたしの頭をぐりぐりしてきました。

「いたっ、いたいよ…やめてってば」

手がはなれていきます。

「…聞こえてるの?」

またぐりぐり。

「いたい…けど、なでてくれてるの?」

こんどは、手をわたしのまえにだしました。

「あくしゅ」

ヴァーテルの手はとっても大きくて、あくしゅはできませんでした。
でも、手にさわったら、またぐりぐりしてきたから…。

「お友だちになってくれるの?」

ぐりぐり。

「うれしいな。とってもありがとう♪」

きゅうに、ヴァーテルは動くのをやめました。

「あれ…?」

「ミディちゃーん。そろそろお昼ご飯にしよ…どしたの?」

「あ、咲っ! あのねあのねっ、わたしヴァーテルとお友だちになったの!」

「え…?」

「なでてもらったりしたんだよっ」

「…?」

「でもでも、また動かなくなっちゃったの…なんでかなぁ」

「きっと、ヴァーテルは照れ屋なんじゃないかな?」

てれやさん。

「えへへ…そっかぁ」

「行こ、ミディちゃん。お腹空いたでしょ?」

「うんっ」


***




ゆうがた。

「つ、疲れたぁ…だからあたしは工房なんて来たくなかったのにぃ」

「えへへ。でもおもしろかったよね」

わたしたちは、ヴァイドのお手伝いをしてたんです。
キカイをキレイにしてあげたり、おもたいものをはこんだり。

「お嬢ちゃん、ヴァーテルと仲良くなったんだって? 咲から聞いたぞ」

「おじょうちゃんじゃないもん、ミディだもん。
えっとねぇ、頭なでてもらったり、あくしゅしたの」

「そか。ヴァーテルも嬉しがってただろうな」

「うんっ! それに、もうさみしくないって」

「ほう?」

「こうぼうには、お友だちがいーっぱいいるからだって!」

「そっか。またそのうち遊んでやってくれ」

「はーいっ♪」


-第5枠 side-b 了-

前回ミディの放浪日記リスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)