いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
ミディの放浪日記~閑話2 休日の過ごし方 -How would you like?- (オリジナル)
作者:義歯

紹介メッセージ:
 小さな女の子が紡ぐ小さなファンタジー物語。

閲覧数:279
いいね:0
お気に入り:0

前回ミディの放浪日記リスト次回

閑話2 休日の過ごし方




目が覚めた。
外では小鳥が飛びまわり、家の中は静かだ…。
俺は時間と、日付を確認した。
今日は休日だ…整備も少しの間はしなくていいし、気が楽だ。

何で整備だって? …俺が誰だか分かってるよな?
ヴァイドだよ、カイじゃねーぞ。
分からなかったって…泣くぞこんにゃろう・゚・(ノД`)・゚・

まぁいいさ。
今日は休日、こんな朝早くに起きる必要もあるまい。
二度寝、二度寝っと…。


***



ぱたぱたぱたぱた…。

「誰だよ、うるせーなぁ…」

ばたばたばたばた…。

「気にしないで寝ろ、寝るんだ俺」

どたどたどたどた…。

「…だんだん足音がデカくなってるような…ええいっ、気にしたら負けだっ」

どどどどどどどどどどどどどどどどど…。

…ぴたっ。

轟音が部屋の前で止む。そして。

ガチャッ!

「朝ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

「ぐあーーーーーーーーーーーーっっ」

そして耳をつんざく高い声。
断言しよう。これは今までで最低最悪の目覚めだ。

「やっ、おそよう♪」

「てめ…この彩! 何がおそようだッ」

「なんだよー。遅くまで寝てる方が悪いんだよ。起こされないうちに起きてくればいい話じゃん」

くそ生意気な小娘め…何でこんなん拾ったんだ俺は。

「…。」

俺は黙って彩に近づいていく。

「何さ。何か言いたい事でもあんの?」

「いーや、全くねぇ。(#´ー`)」

ズゴッ!
俺はすぐさま拳を振り下ろした。

「いたぁいー! なんであたしばっかりこうやってボコボコボコボコ叩くのー!?」

「叩きやすい高さに立ってるからだ」

「そんなの理由になんない!!」

「十分だろ。」

「なーりーまーせーんー(・∀・)」←嫌味ったらしく語尾を上げて

…こいつ、いつかシメる。

「いいもんいいもん、ご飯食べさせたげないから」

反抗期か、彩。

「半端な時間に起こされたから腹減ってねぇ。片しといてくれ」

「ふっふっふー。そう来ると思って!」

…何だ、今度は何をした。

「もう片付けておいたのだ!」

えへんっ、と無い胸を張る彩。
…これってどっちにしろ飯は食えなかったって事だよな?

「さぁーて、たまの休日どう過ごすかなあ。」

そう言って居間に下りる。
勿論、勝手に朝飯を片付けた礼はしっかりとしてから。

「いーたーいー!! バカになったらどうするのぉ!?」

「安心しろ、もう十分バカだ。」

「ひーどーいーよおぉ!!」


***




居間に入ると咲が新聞と睨み合っていた。

「…何やってんだ咲」

「あ、ヴァイドさん。おはようございますっ」

「ああ、おはよう…んで何してんの」

「近所の小売店のチラシを集めてるんですよ」

…家事全般やってる所為ですっかり主婦っぽくなっちまってる16歳ってか。
近所の井戸端会議にも普通に参加できてるし。
…将来が不安だ。(;;´Д`)

「ほら見てくださいこれ!」

「んー?」

指差された部分を見てみた。

「こっちのお店、このお店より卵が安いんです。同じ日に同じ所から仕入れてるのに。
こう言うのあると、献立も考えるの結構大変だったりすることもあるんですよねっ。
だからヴァイドさんも、協力してくださいね! えと、今日のお昼とか何が食べたいですか?」

咲はにこにこしてこちらを見ている。
どうやら俺の反応を待っているようだ。

「…すまん、早口で聞き取れなかった」

普段は大人しくておっとりしている咲だが家事…特に料理の事になると別人になる。
…そうなると、彩のような早口になって…いや、彩より早いか。
で、興奮して早口になるもんだから、何か聞かれても全く反応できない。
ちなみに先程の3行は約5秒で全て喋りきっていた。

「あ…ごめんなさい、またやっちゃいました」

「気にするな。誰だって興奮すれば早口になるもんだ」

ただ限度ってものがあるが。

「はい…。ええっと、お昼ご飯どうしましょうかって聞いたんですけど…」

「昼飯なぁ…残ってる材料でパパッと何か出来ないか?」

「えっと、保存庫見てきたんですけど」

保存庫。要は食糧保存する倉庫だ。
石造りだし、地下にあるし。そう簡単には腐ってくれない。

「野菜炒めならできますよ」

「んじゃそれで良いんじゃねぇの」

「あの…で、でも、お野菜だけの野菜炒めと、あとアレ…なんです…けど…」

露骨に困った表情を見せた咲。

「…咲。」

「ハ、ハイっ」

一瞬でも言い淀んだって事はアレがほぼ確実にってことか。

「アレが…入ることになりそうなのか」

「は、はい…そうなんです。お肉なしじゃ味ごまかせませんよ…どうしましょう」

「…いや、いい。もう作っちまえ…腹に入れば皆同じよ」

「そ、そうですか…じゃあ作っちゃいますよ?」

「ああ…ひと思いにやってくれ。」

咲がキッチンに向かっていき、俺は一人に。
そこで俺は考えていた。
アレ…27歳にもなる俺が唯一嫌いな食い物のこと…。

「緑色のアレが…」

「緑色のアレって何?」

真後ろに立っていたのは彩。

「…もしかしてヴァイドって好き嫌いあったの?(・∀・)ニヤニヤ」

くッ。

「緑色のアレってなーんだろうなー、あっははー」

「お前だって好き嫌いの一つや二つあるだろうが?」

「あたし? あたしは無いよ。何でも食べる」

偉いなオイ。

「緑色のアレ…ズッキーニ!」

「またレアな食材出してきやがったな。」

「じゃあ熟す前のカボチャ!」

「それは誰でも食わんだろうが」

「じゃ青汁?」

「何だそれ」

青い汁なんだから緑色じゃないだろうに。

「えぇ~~~、青汁知らないの? ふぅ、無学って嫌よねぇ奥さん」

俺は無言で拳を振り上げた。

「あうっ、ぴ、ぴーんち!」

「青汁っていうのは、健康食品のひとつなんですよ」

彩のピンチを救ったのは咲。
双子だし通じるものがあったのかも知れない。

「ハイ、野菜炒めできましたよー」

「あ!」

いきなり大声を上げる彩。いつものことだが。

「豆電球っ!」

…は?

「これ、何か閃いたって意味らしいんです」

咲が耳打ちして教えてくれる。
…しかし古典的な。

「んーで、何が閃いたんだ? そこのおてんば娘」

「べーつーにー?(・∀・)ニヤニヤ」

咲が居なかったらぶん殴ってる所だ。

「いただきまーす。うくくくく…」

「あ、彩ちゃん…その、怖いからやめて?」

「キモいからやめろ」

「へっへっへ。食べ終わる頃には分かっちゃうんだもんね」

「…何がだよ」

「ずばりっ、あんたの嫌いなものっ!」

何だ、結局それだったのか。

「彩ちゃん…たぶん、分かんないと思うよ?」

「えー! 何でぇ?」

「ヴァイドさん、それが嫌いなのはホントだけど、残したこともないし…」

「ちぇー、つまんないのー(`ε´)」

「へいへい。もう勝手にやってろ」

「あーもう。折角ヴァイドの弱み握れたと思ったのにっ!」

…アホかこいつは。

「彩ちゃん…もしかしていつもそんなコト考えてたりするの?」

「あったり前じゃん」

いや当たり前にするな。

「ダメよ、私達はお世話になってるんだから」

「え~…でもさぁ~」

「だめ。もう変なこととかしないの。いい?」

「は、はーい…」

…やけに素直だな。

「反抗期じゃなかったのか、彩」

「るさいなぁ。お姉ちゃん怒らしたらご飯作ってもらえなくなるんだよう」

「あ、なるほどな…」


***




-翌日-

むう…もう休日は終わりか。
コレと言って特に何も無い日だったな…。
まぁ家でゴロゴロできたから良しってことにしとくか、うん。

「ってわけでギリギリまでもう一眠り…」

ぱたぱたぱたぱた。

「…来たな。」

ばたばたばたばた…どたどたどたどた。

「ってーかもう少し静かに歩けないのかアイツは?」

どどどどどどどどどどどどどどど…。

ぴたっ、と轟音が部屋の前で止む。

ガチャッ!

「あs…」

「朝あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」

「うっきゃーっ!?」

いきなりの反撃にビビったらしく、その場にすっこける彩。

「ふははははは。反撃成功。」

「な、いきなり何するんだよう!」

「お前と同じ事しただけだ」

半ベソかいて反論する彩。

「仕返しするなんて大人気ないんだぞっ!」

「何とでも言え」

「く…子供かー!」

「子供で結構」

「も…もう来ねえよヽ(`Д´)ノ ウワァァァン!」

∑(;;´Д`)

「お姉ちゃんに言いつけてやるんだからぁー!!」

げっ。

「待てっ、待て待て待てっ!」

「じゃあー、あたしの言うこと聞く?」

「冗談じゃない。」

「おねーちゃーん」

部屋を出て行こうとする彩。
これで咲が怒って飯抜きなんて言われたらとんでもなく辛い。

「だから待てっつーのっ!」

「やーですよー。へへーん」

ガチャッ。

部屋のドアが閉まる音がした。
さっき彩は開けっ放しにしてたと思ったが…とすると。

「あ」

そこに立っていたのは寝巻き姿の咲。
…だよな、コレ。寝癖で頭爆発してるけど。

「聞いてよお姉ちゃん、ヴァイドったらさーぁ」

飯抜きを逃れようと何とか反論する俺。

「違う、それは彩のヤツがだな…」

「違わないよ、アンタが悪いんじゃんっ」

「悪いのはお前だろうがっ」

「あたしじゃないって言ってr…」

「うるさいっ!」

びく。

「へ…」

「あ、あう…?」

言葉を失う俺達2人。

「2人ともっ! 今何時だと思ってるんですかっ!?」

…咲がキレた。

「時計見てください! まだ4時前なんですよっ!?」

…あ、ホントだ。

「早く起きればいいってものじゃないんですよっ! 朝から騒いでるとご近所迷惑にもなるし!
それにこんなに早く起きたってすることないじゃないですか!」

「そ…そりゃそうだ」

「分かってるんだったらもう少し寝かしてください、まったくもう…ぶつぶつ」

もそもそ…。

「すー…すー…」

喋った勢いで俺のベッドに潜り込んで再び寝始めた咲。

「…。」
「……。」

そして言葉を失った俺達。

「あのさー、ヴァイドー…」

「…あ、ああ?」

「…たまにお姉ちゃんの慰安日作ってあげようよ。」

「そーだな…是非そうしよう。」

「うん。」

教訓。朝、咲を起こしてはいけない…絶対に。


-閑話2 了-

前回ミディの放浪日記リスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)