いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
ミディの放浪日記~第16枠 西方幻想譚5 -いってきます。そして、"さようなら"- (オリジナル)
作者:義歯

紹介メッセージ:
 小さな女の子が紡ぐ小さなファンタジー物語。

閲覧数:299
いいね:0
お気に入り:0

前回ミディの放浪日記リスト次回

第16枠 西方幻想譚5 A Port-Departure and Saying "byebye"-




果てしなく続くとも思えるほど長く続いた荒野を抜けると、そこにあったのは港町。
実に1週間ぶりの町。
…自分たちが野生一直線な顔をしていないか心配だ。

「やーっと町に着いたのか…長かったなー」

「ええ…アルベラを出てからは大きな町はなかったしね…」

ミディは俺の背中で寝息を立てている。
あれだけ元気なミディも疲れて眠ってしまうほどにこの1週間は長かった。
ついでに言うと毛玉も寝ている。

「いや~、歩いた歩いた」

…なのに何でフィオはこんなに余裕なんだ?
まるでスポーツで軽く汗を流した後のような感じだ。

「長かったから疲れたね~」

嘘だ。絶対嘘だ。

「フィオ…とりあえず宿に連れてってくれ…」

全身はもう疲労の塊だ。

「ん? ああ、うん。じゃあ宿行ったら先に休んでていいよ。
ボク、船長に話つけてくるからさ」

「ああ、頼む」

フィオが先導して、残った俺達は宿に入った。
そのままフィオだけが港に向かう。

「…ん?」

フィオだけ?
エリアスはどうした…。

「…。」

エリアスは部屋の隅で椅子に腰掛けてぐったりと下を向いている。
そう言えば3日くらい前から一言も喋っていないような気が…。

「…おい、生きてるか?」

「…。」

返事がない。座ったまま寝ているようだ。

「…やっぱ」

体力が異常なのはフィオだけだったな。
よかったぜ、こいつだけでも普通の人間で…。


***




-翌日-

一晩ゆっくりと休んで疲れを取った俺達は、朝起きてさっそく港へと行った。

「紹介するね、この人が船長」

豪快に髭を生やした大男がそこにいた。
歳は40~50と言ったところだろうか。

「おう!」

なんとまぁ分かりやすい挨拶で。

「見た目通り豪快な人だけど、腕は確かだからだいじょぶだよ」

…いや、それ聞いたら余計不安になった。

「陸に沿って東にやればいいんだったな?」

「ああ、それで頼む。港が見えたらそこで降ろしてくれ」

「分かった」

それだけ言って船長はサッサと船に乗り込む。

「ああ、そうだ。航海中、俺の事はキャップと呼べ」

「…アイアイサー」

「いい返事だ」

満足した船長は出港の準備に取り掛かった。


***





突然にフィオが言う。

「出番を失うのは惜しいけど…」

…意味不明だ。

「…じゃなくって、ここで別れるのは残念だけど」

「そうだな、世話になったよ」

ここでフィオ達とは別れることになる。
ここから先はまた俺達3人の旅になるのだから。

「せっかく会えたのに…残念だなー…」

フィオがしょぼんと肩を落とす。

「また会えるわよ、きっと。あなた達はそのうち東に来るんでしょ?」

「そっそ。来た時にはテインツとかパトナとか探してみれば会えるさ」

「フィオ、げんきだして?」

3人にまとめて励まされ、フィオはいつもの顔になる。

「…へへっ。ありがと。ボクらしくなかったね…ごめんごめん。
それじゃ今度、エリアスとそっちに行くよ。ね、エリア…ス、って…あり?」

後ろを向いてエリアスを探すが奴の姿はどこにもない。

「…朝、宿を出る姿すら見てないんだが?」

「えええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?」

…叫びすぎだ。

「信じらんない~…バカなんだからホンットに…」

大きく溜息をついて頭を抱える。

「まぁいいじゃねぇか。エリアスだって疲れてたんだろうからよ」

「後で思いっきり怒ってやるっ…」

フィオはやる気だ。

「おーい」

船の上から声がかかった。

「いつでも出港できるぞー」

「おう、ありがとよ船長!」

「…航海中は俺の事はキャップと呼べと言っただろうが」

「そうだった」

ボリボリと頭を掻いて答える俺。

「でもまだ航海中じゃねぇし、船長」

「……なんじゃい」

「出港するから宜しく頼むぜ」

「おう!」

船長は意気揚々と船に戻っていく。
俺は軽く手を振って続いて乗り込んだ。

「よいしょ」

…ん?

「何してんだミディ? そんなとこで荷物ひっくり返して」

「んっと、おねがいするの」

…お願いする?

「ねぇ、フィオ」

「うん? なに?」

「はい」

ミディがフィオに差し出したものは、例の毛玉…ゆぅにだった。

「…え、ミディちゃん?」

「んっと、ゆぅにをフィオにおねがいしたいの」

「な、なんで? ミディちゃん、ゆぅにと仲いいのに…」

「うん、でもでも、ゆぅにがしんぱいだから…」

フィオはますます訳が分からない。

「んっとね…前に、木の実をあげたときはおいしそうに食べてたの。
でも、わたしの持ってた食べものあげたら、そのあと、なんにも食べれなくなっちゃったの」

「ふんふん…」

「それでね、また木の実あげたらおいしそうに食べてたの」

「うんうん」

「ゆぅには木の実を食べるって分かったんだけど、でも、
その木の実、あの山ではじめて見たの」

「…そっか、ミディちゃんの居る所にはその実がないから、
ゆぅにの食べる物がなくって…」

「うん…ゆぅに、おなかすいてこまっちゃうよ」

「そっかそっか…うん、分かった。ボクに任せて」

「おねがいします」

ぺこっ、と丁寧にお辞儀。

「ユニィは大きくなったら何でも食べれるようになるから、
そうなったらミディちゃんに会わせてあげれるよ」

「ホント?」

「ほんとほんと」

「そっかぁ…ゆぅに、早くおっきくなってね」

「キュ」

出来る限りに体を大きく見せながら、毛玉は答えた。
最後に一度、毛玉を撫でてからミディも船に乗り込む。
…なかなか乗りたがらないイリスを後ろから押しながら。

「はぁ…」

船に乗るなり特大の溜息を吐く。

「子供じゃあるまいし、少しは我慢しろよ…」

「少し…だといいんだけどね」

…まぁ俺もあの船長見てたら不安になったけどな。
どうなることやら…。


***





「ふう」

「キュ」

「行っちゃったねえ」

「キュー…」

手のひらで淋しそうに鳴くゆぅに。

「大丈夫だよ、ちゃんと約束守るから」

「キュ…。キュ?」

ゆぅには何かに気付いたようにボクの後ろを見た。

「えっ? …って、エリアス…遅い! もう行っちゃったぞ!」

「知っている。だから出てきたんだ」

えっ? と聞き返す暇もなく、エリアスは船の上の空めがけて1発、撃った。

「ちょっ、エリアス何やって」

ドーーー…ン。

「…へ? 空に火花?」

遠くの空には、色とりどりの火の粉がまるで花のように舞い散っていた。

「キュー…」

「へー、きれー…」

「ふん…ガキにはこれくらいが丁度いいか」

「…もしかしてエリアス、この準備してたの? ミディちゃんのために?」

「訳の分からない事を言うな。俺はただ新型の特殊弾の試し撃ちをしただけだ」

「ふぅ~……ん。まっ、そーゆーことにしときましょっか! ねっ♪」

「キュ♪」

「…。」

エリアスの額に青筋が浮かんだ。

「…何なら貴様を撃ち上げてやってもいいんだぞ毛むくじゃら?」

「キュ!? キュ、ギュー」

「あはは…まぁまぁ。ミディちゃんも喜んだだろうし、いいじゃない!」

「ふん…やれやれだ」


***





「すごかったねぇ」

ついさっき、まるで俺達を送り出すかのように空に花のように火が舞ったのだ。

「そうだな。綺麗だったなー」

「うんっ、きれいきれいっ」

俺にひっついてぴょこぴょこ跳ねてはしゃぐミディ。

「…。」

とは対照的に甲板で大往生…じゃなかった、立ったまま動かないのはイリス。
…というか動けないんだろうな。

「…ふふふ…」

と思ったら急に笑い出す。

「カイ…揺れてるわぁ…」

怖ぇ。

「揺れてるのはお前の頭だ」

「ふぇ…イリスぅ、しっかりしてよぅ」

…陸に着くまでずっとこの調子なんだろうか。

「はぁ~~~~~~~」

そう考えたら溜息しか出てこなかった…。
…いい加減慣れろっつーの。




-第16枠 了-

前回ミディの放浪日記リスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)