いいね!

お気に入り

文字サイズ

戻る
花ざかりの理樹たちへ その26 ~学校・午前中編~ (リトルバスターズ)
作者:m (http://milk0824.sakura.ne.jp/doukana)

紹介メッセージ:
 恭介の思いつきで始まった王様ゲームにより、理樹は……。各編はほぼ独立していますので、途中からでもお楽しみ頂けます。

閲覧数:2,608
いいね:0
お気に入り:0

前回花ざかりの理樹たちへリスト次回



『――えー、こほん』

『まずは…私たちをあの子だと思ってデートに誘ってみましょー』

『お、おうよ』

――なんとかさっきまでの騒動は納まり(誤解が解けて)、真人のデートのお誘い練習となった。

『まずは……どうしよね?』

『じゃんけんで負けた人から順番、というのはいかがでしょう?』

『そうだな、負けた奴からだな』

『罰ゲーム扱いじゃねえかよぉぉぉーーーっ!?』

……もちろん3人とも天然なだけで、悪気はないと思う。

「まあ、真人くんだし」

「……私はじゃんけんで負けても嫌です」

「不憫だな…真人」

同情しているのは謙吾だけだ……。



『じゃあ、クーちゃん、私、りんちゃんの順だね』

じゃんけんが終わり、順番が決定した。

『クー公、よろしく頼むぜ』

『はいっ、井ノ原さんのためにも胸をかしましょう』

『え? いやおまえ、胸って言ってもよ……』

真人、大きく勘違い。

『はわわっ!? 井ノ原さん、何を考えているのですかっ!?』

『今のはただの言葉のアヤなのですっ!! 全くぷんぷんですっ!』

『そもそも、世の中ぺったんこが好きな人だっているのですっ!!』

クド、怒る方向間違ってるから……。

「趣味嗜好は人それぞれだからな」

「…………」

「…………」

「…………」

「なっ、なんだよ? た、ただの一般論だからな、今のは」

みんなの冷ややかな視線が恭介に集中していた!





『クー公…いくぜ!』

『ドンと来いですーっ』

『…………』

『……あーえーっとだな……』

『どきどき…』

『ク、クー公…好きだぜ』

うわっ、いきなりデートを飛び越した!

『私も前々から、井ノ原さんのことが好きでしたっ』

『…………』

『…………』

『…………』

『…………』

『え? いっ、いや、これからよっよろしくな』

『ふつつかものですがよろしくお願いします』

『デ、デ、デ、デ、デートしっ、しないか?』

『はいっ、井ノ原さんのお誘いとあればっ』



「え、ええぇぇーっ!?」

いやいや…なんだか成立しちゃってるよ!?

「はっはっは、真人もスミに置けないな」

謙吾はどこかうれしそうだ。

「これで理樹とのデートはなし、ということでいいな」

って、実は真人に妬いてたのっ!?

「そういや、クド公と真人くんってミョーに仲良かったよね」

言われてみると、クドと真人はよく一緒にいるし気があっていた……。

「ロリぷにのクドリャフカ君が筋肉馬鹿のものだと? おねーさんは許さんぞ」

「……能美さんには、まだ恭介さんのほうがいいと思います」

「待て、西園女史。クドリャフカ君の場合、恭介氏のほうがより危険だ」

「……はっ」

「……迂闊でした」

「なんだおまえら、俺がまるでロリコンなんじゃないかな?とでも言いたげだな」

「いや、結構ハッキリ言ってるんだけど……」



――まさか、とみんなが思ったそのとき。

『井ノ原さん、私の演技はいかがでしたかっ?』

『マジでときめいちまったじゃねえかあああぁぁぁーーーっ!!』

クドは知らず知らずのうちに、真人の純情な心を弄んでいた!

「真人くんはやっぱりウブですネ」

「うむ、ウブで単細胞だな」

「……ここまでからかい甲斐がある人も珍しいですね」





『よおーし、次は私だねー』

『おう、小毬。お手柔らかに頼むぜ』

『任せてよ~』

『まずデートにお誘いするときは、自分をあぴーるっ』

『ほうほう…自分をアピールすればいいんだな?』

『うんっ』

『誰でも、とってもステキなところを、たくさん持ってるよね』

『真人君のステキなところをわかってもらえれば……きっとその子ともっと仲良くなれるんじゃないかな』

『仲良くなれば、もーっともーっとお互いのステキなところがわかってくるよね』

『ずーっとずーっと繰り返して、ほら、幸せスパイラル』

『…………』

『やべぇ、筋肉が躍動するほど感動した……』

「俺もすげぇ感動した」

……真人もだけど、恭介も大概単純だなぁ。

「お互いを理解することから愛が始まる――」

「――ということだ、理樹。愛を語り合おうじゃないか」

「……」

「目を逸らさないでくれぇぇぇっ! 理樹ーーーっ!」

うわっ! 謙吾が半ベソになっちゃったっ!?

「……宮沢さん、私は応援してますからね」

ぐっ、と親指を立てる西園さん。

「……うぐっ……ありがとう、西園」

「馬鹿ですネ」

「ああ、馬鹿だな」



『――じゃあ、小毬…行くぜ』

『はいっ』

『…………』

真人が大きく息を吸う。

『小毬、ちょっといいか?』

『なにかなー』

ちなみに小毬さんは棒読みだ。

『まず見てもらいたいものがある』

『うん、なぁに?』

『――ゴソゴソ、ばさぁーーーーーーーーッ!!』

『ひ、ひゃあああああぁぁぁーーーっ!? なっ、なななななんで脱ぐのーーーっ!?』

『オレの筋肉を見てくれえええぇぇぇーーーーっ!!』

『ええええええーーーっ!?』

バ、バカだぁっ!!

『オレと一緒にデートをしませんかああああぁぁぁぁぁーーーーーーーっ!?』

『ぜぜぜぜっったいやだあぁぁぁーーーっ!!』

『とりあえずこの筋肉のうなりを聞いてくれぇぇぇぇーーーーっ!!』

『う、うわあああああああああんっ!! き、きしょいぃーーーーーーーっ!!』

『わ、わ、わふーーーっ!? へっ、へるぷ! へるぷあすなのですーーーーっ!!』

――無線機から大絶叫と、ドタバタと走り回る音がこだましている!!

『筋肉っ!! 筋肉ぅっ!! 筋肉ぅぅっ!!』

『ひゃあああああああああああっ!?』

『きっ、ききき筋肉が暴徒と化してしまいましたぁーーーっ!?』

『こいつは――…………』

『ふええええぇぇぇぇー……?』

『筋肉革命だあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーっ!!!』

「はんぎゃあああああああああああああああああっ!!?」

『――ばたーんっ!!』

小毬さん全力大絶叫と共に完全に沈黙!



「…………………………」

恭介も謙吾も「やっぱり」と言いたげな顔をしている!

「あははははははあははははははあははははははっ!!」

葉留佳さんは所構わず、転げまわってしまった!

「……あの場にいなくて本当に良かったです」

もしその場にいたら、西園さんも失神していただろう……。

「私は真人少年のこういう単純さが好きだよ」

……来ヶ谷さんには取り分け好評だ。



『こっ、こまりちゃんっ!?』

『このっ――』

『――バシュッ』

土を蹴る音。続いて――

『しねぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーっ!!!』

『――バキィィィィィィッ! グシャァァァァァァッ! ドバガァァァァァァッ!!』

『ひぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーー…………』

『………………………………』

これまでで最大であろう真人の断末魔の叫びの後、静寂が訪れた……。





『――こまりちゃん、だいじょうぶか?』

『う、ううう……』

さすがの小毬さんにも相当ショッキングだったようだ……。

『――ふぅっ……だ、だいじょーぶっ』

小毬さんが強がっているのが伝わってくる…。

『真人、こまりちゃんにあやまれっ!』

『……ゴ、ゴメンナサイ、許シテクダサイ』

真人が可哀想なことになっていそうだ……。

『あ、えーっと……』

『うんっ』

『…見なかったことにしよう』

いつかのやり取りだ。

『見せなかったことにしよう』

きっと真人を指差している。

『うん、おっけー』



「…………」

「真人の唯一のアピールポイントが、見事になかったことにされちまったな」

恭介は悲しげな瞳をしている……。

「――ああ、存在そのものが否定されたようだ」

謙吾も「馬鹿ながらに可哀想だ」といった顔だ……。

「真人、お気の毒に」

幼なじみ3人で、真人の冥福を祈ったのだった……。


前回花ざかりの理樹たちへリスト次回

コメント
まだコメントはありません
HTML版(見られない場合のバックアップです)